シグナレス/signaless

リレーエッセイ
悪口の味

元プロ野球選手の松井は、ぜったいに人の悪口を言わないという。これは立派なことだろうし、尊敬の念もおぼえます。が、そのいっぽうで、悪口は楽しい、と思ってしまう自分がいます。


酒の場などで、「あの人のこと、どう思う?」などと話題を切りだすときの楽しさ。その場にいる人が、いちようにその人を褒めるようでは、話題としてはやはりどうも面白くないのであって、必然的に悪口が混じる。


人の悪口を言うのは、結局のところ、マイナスにしかならないのは、自明のこと。人を下げることで、自分を上げようなんてのは、愚の骨頂。にもかかわらず、どういうわけか、悪口を言うことには、快味がある・・。


酒の力を借りてものを言うのはズルイ、という人もいます。うーむ、そうかな? 酒の力を借りるのは、むしろ知恵ではないかと。なぜなら、悪口を言ったあとも、その人とかかわっていかなきゃならないことは、よーくわかっているから。(O)


最新号
シグナレス(第貳捨肆号) - 2018年7月 配布

シグナレス(第貳捨肆号)
  • 特集 さよなら昭和
  • こころのシグナル(24)
  • 映画の夢屑(25) みなみ会館のこと
  • 情報ボックス
  • 日本文学メイ作選(25)
  • 京都遊歩記(25) 『北山周辺と深泥池』
  • 映画エッセイ「この世界に入った時のこと」
  • ターナー風景画と明治150年の日本画・工芸
  • 独断批評コーナー『藤田嗣治 手紙の森へ』
  • 青衣茗荷の出張文芸通信(10) フィリップ・K・ディック『去年を待ちながら』
  • 旅ゆかば、鬼ヶ城
  • 大人の社会見学(25) 焚き火のススメ

A5変形版/16P


配布状況/第貳捨貳号

配布先

部数

配布日

ありの文庫

15

7/25

ワンダアカフエ

15

7/23

タコシェ

20

7/30

京都芸術センター

20

7/30

神戸映画資料館

20

7/30

kara-S

20

7/30

第七藝術劇場

20

7/30

ONLY FREE PAPER

20

7/30

アナベル・リー

5

7/30

London Books

-

7/3

*配布先の状況によっては、在庫などがない場合もございます。ご了承ください。


配布先

京都


大阪


兵庫


東京

*0 . 各地で無料配布されています。但し、配布時期や冊子数が限られていますので、ご注意下さい。

*1 . イベント・即売会などでは、特典付きで有料配布しております。


mixi内にて[シグナレス]コミュニティができました。(御協力:nikolla様)

Last Updata

2018/07/03 [ TOP ]


Information

第貳捨肆号:2018年7月配布

第貳捨參号:在庫×

第貳捨貳号:在庫×

第貳捨壹号:在庫×


signaless ?

『シグナレス』は僕たちの好きな本や映画や場所や瞬間を紹介する小さなフリーペーパーです。


『シグナレス』というタイトルは宮澤賢治の短編小説「シグナルとシグナレス」に登場する小さな旧式の鉄道の信号機の名前からとりました。


まだまだ小さな雑誌ですが、ここから少しでも輪が広がっていけばよいなと思っています。ぜひ手に取っていただいて、みなさんの声をお聞かせください。


ご感想・ご意見・定期購読など

ご感想・ご意見お待ちしています。また、購読してくださる方も募集しています。購読を希望してくださる方にはオマケつきで次号を送付させていただきます。いずれも、メールで送信してください。/mixi内にて[シグナレス]コミュニティができました。(ご協力:nikolla様)


Link



Copyright © signaless / 蒼幻舎 All rights reserved.